スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自転車】 ULTRA LIGHT 7 重量測定

重量測定 (1)
今一体何kgなんだ、ということでウルトラライト7の現状の重量を測定をしてみることにします。
一応ノーマルの7.4kg(ペダル・スタンド除く)からペダル・スタンド込みで6kg台にするのが目標です。
安物ですが10kgまでは5g単位で計測できて、誤差も少ないという評判の良い吊り下げ式の秤をAmazonで購入しました。
それでは重さを量ってみましょう。

【電源を入れる】
重量測定 (2)
液晶の小数点第三位が表示されない…だと?これじゃ10g単位でしか量れないぜ。
すぐに出品者に連絡したけど交換してくれるかな。開封するときに箱もビリビリに破いちゃったんだけど。
発送はAmazonだけどマーケットプレイス出品者は中国系っぽいんですよね、どうなるかな。

追記:すぐに返信が来ました。返品は無しで全額返金後に再度注文することになりました。

まあとりあえず量ってみましょう。
結果は…











重量測定 (3)
出ました5kg台!ウルトラライト7からウルトラライト5に…だったら良かったんですが
これはペダル・スタンド・ライト類・サイコン(本体のみ)・ミラーを外した状態での重量です。

重量測定 (4)
外したパーツが242.4g

【現状の重さ】
重量測定 (5)
というわけで現状は全部込みで約6.19kgでした。
実は5kg台突入を目論んでいたんですが届かず。ここからあと200g削るのはしんどいですね。
5速化してこの重さならそこそこ軽い方だとは思います。
しかし5速化したら5kg台にして正々堂々ウルトラライト5を名乗りたいところ。

とりあえずぱっと見で軽くできそうなのは

【1.サイコン(CAT EYEマイクロワイヤレス)】
重量測定 (6)
タイヤ交換で有線式(同社ベロ9)では対応できなくなったので購入。
カタログ上ではベロ9より軽いですが、それは本体の重さだったようでセンサーも含めるとベロ9より重くなるという。
これより軽い「ストラーダスリム」というのに交換すれば少し軽量化できそうです。
問題はセンサーの距離範囲が60cm以内という点。うちの自転車は65cmあるので届かなかったら悲惨です。

【2.シフター(SRAM 8sグリップシフター)】
重量測定 (7)
見た目と操作性が気に入っているので出来れば変えたくありませんが、軽量化のためには変えるしかないかもしれません。
マイクロシフトのシフターに変えれば少し軽量化できそうです。

【3.ミラー(CAT EYE)】
重量測定 (8)
確か35g位あります。軽量化するならミラーなんて外しちまえ!と言われそうですがミラー無しでは怖くて乗れません。
以前使っていたZefalのプラスチックミラー(倒した時に折れた)がこれより軽かったので交換ですね。

【4.アウターケーブル(Jagwire)】
重量測定 (9)
一番軽いのはAICANから出ているメーターあたり18gの数珠繋ぎアウターでしょうか。
ただ、レビューを見ると強度に少し不安があるので現在メーターあたり26gの物を注文中です。
これでいくらか軽量化になると思います。

【5.ハンドルクランプ】
重量測定 (100)
赤線で囲った部分を肉抜きすれば10~20g位は軽量化できる気がします。

【6.シートポスト(LitePro)】
重量測定 (11)
私の場合もう6cmくらいカットすることができるので20gは軽く出来そうです。
ただしカットすると折り畳み時にシートポストを一度抜いて、下から挿しなおさなければいけません。

【7.ヘッドパーツ】
重量測定 (14)
DAHON車両の改造記事なんかを見ていると30g位の軽量化になっていたりします。
なぜ早く交換しないのかというと、ずばり純正のヘッドパーツが固くて外せないのです。
あと、純正は樹脂が結構使われているので交換して本当に軽くなるのか疑問なのもあります。
もし苦労して外して重量増だったりしたら…

【8.リアディレイラー(シマノ RD-TZ50 GS)】
重量測定 (12)
現状でも吊るしのデュラエースより軽い141gです。
とは言っても141gもあります。こいつも交換すべきパーツの筆頭です。
ついでにディレイラーハンガーも少し軽量化できる余地があります。

【9.チェーン(KMC X10SL) とチェーンリングボルト】
重量測定 (13)
ハンガーを加工するとホイールベースが少し短くなり、その分チェーンも少し短くできるので軽量化に。
今ついているチェーンリングボルトが20gちょいあるのでアルミ製に変えれば10gは軽くできます。

ぱっと思いついたのはこの程度です。
これらを交換、加工して200gも削れるかというと正直疑問ですがやってみないとわかりません。

金に糸目をつけなければ37gのサドルとか売ってますけどね、ただし5万円…。
とりあえず目標はウルトラライト5です。
以上、重量測定でした。

【追記】
重量測定 (10)
新しい秤が届いたので加工中のデュラエースを量ってみます。現在90gちょうど

重量測定 (15)
そのまま吊り上げると90gなので、精度は悪くないと思います。
そもそもどちらも中国製なので両方とも正しくない可能性も…

5kg台への一手としてのデュラエース導入ですが、今使っているディレイラーより軽く出来る気がしません。

【追記その2】
CIMG2438.jpg
せっかく二つ手元にあるので計り比べてみました。

CIMG2440.jpg
表示の壊れているこちらは6.19?kg

CIMG2444.jpg
新しく送られてきた方だと少し重めで6.205kgでした。
どちらが正しいのか、或いは両方とも正しくない可能性もありますけど10g前後の差なら合格でしょう。
という訳で、今後はこちらを正として重量測定していきます。

つづく
関連記事

Comments - 4

MG6  

リマタイさん、こんばんは。5Sを装備しながら5Kg台目前とは素晴らしい。ステムの軽量化は少々危険な香りもしますが・・
小生のMG6は現在、ペダル、スタンド込で6.02Kgです。中華サイトにパーツを発注済ですが、ここの所どのショップも発送が遅くて、遅々として進んでいません。
大物が1点あるのですが、どの程度軽量化に寄与するか楽しみです。
仰られている、マイクロシフトのグリップシフターは当方手持ちの9Sタイプでもシフター単体で約50gと軽量でお勧めです。ブレーキアウターは当方i-Linkを使用中です。今後、ドロップハンドル車の様に左フロント、右リアにワイヤー取り回しを改め少しでも軽量化(誤差レベル)に繋げようと思っています。
取敢えず、現在は身動き取れず状態です・・では、また。

2017/10/12 (Thu) 20:33 | EDIT | REPLY |   

管理人  

To MG6さん

こんにちは。
やっぱりステム加工はやばいでかね…
大物とはなんでしょう?もし取り入れられそうなものなら是非参考にさせてもらいたいです。
情報ありがとうございます、今のグリップシフターが気に入っているので悩みますね。
やはり数珠繋ぎ系のアウターでしたか。ただ、使っていると潰れてくるというのを見てビビッてしまいました。
左フロント!知りませんでした。フロント=右だと思い込んでいましたのでそれも検討の余地ありですね。

2017/10/15 (Sun) 14:49 | EDIT | REPLY |   

kimi  

はじめまして

凄いですねぇ、、、
ウルトラライト7の軽量化してるサイト巡ってましたが
管理人さんのサイトが1番参考になります!

サドルをカーボンに変えて
スタンド外すくらいしか考えてませんでしたが
多段化した上で6、2キロ以下まで落とせるとは思いませんでした。

これからも楽しみにしてるので記事更新おねがいします!

2017/10/27 (Fri) 18:39 | EDIT | REPLY |   

リマタイ  

Re: To kimiさん

はじめまして、返信が遅くなりました。
コメントありがとうございます。

ルノーの自転車もさらに軽いアルミやカーボンフレームモデルが発売されるようで、UL7にこんなに改造費をかけないで乗り換えるべきじゃないかと思う今日この頃です。

「折り畳み」のままだと結構厳しくなってきましたが近々改造ページを更新しますのでまた見に来てください。

2017/11/03 (Fri) 19:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。