スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自転車】 RENAULT ULTRA LIGHT 7 外装5段化

【MIALO 外装5段ホイール】
外装5速
ウルトラライト7を5速化します。リア16本、フロント12本スポークが走りに対してのやる気を感じさせます。
現状9-13-17の3段の間を埋める9-11-13-15-17の5段となります。
欲を言えばロー側は19Tくらいが欲しいですが。

UL7やAL-FDB140系のユーザーなら、エンド幅85mmで外装5速化なんてできるのか?と疑問に思うでしょう。
ずばり結論から言いますと、ポン付けでの装着はできません。

【左:3段シャフト 右:5段用シャフト】
外装5段化 (1)
シャフトを抜いて比べてみると一目瞭然、5段のシャフトは長いです。
ついでにホイールの重さを量ってみましょう。

【20本スポークホイール】
外装5段化 (4)
まずは今使っているホイール

【16本スポークホイール】
外装5段化 (3)
ん?に、20本スポークの方が軽い…だと?このタイプが最軽量だと思っていたら衝撃の結果に。
フロントホイールも現状のホイールの方が軽かったです。今のホイールをそのまま使うことにします。
スプロケット単体は欠品していたのでホイールごと買ったけど、無駄になったぜ。

見た目一番軽そうな16・12本スポークは最軽量ではない事が判明したのでご注意ください。続いてシャフトの計量へ

【3段用シャフト】
外装5段化 (6)

【5段用シャフト】
外装5段化 (5)
シャフトは1.1g重いだけでした。次はスプロケの計量へ

【9-13-17Tスプロケット】
外装5段化 (8)

【9-11-13-15-17Tスプロケット】
外装5段化 (9)
ん?ぎ、ギア5枚の方が軽い…だと?
というより、今まで使っていた3速スプロケが重過ぎました。中華サイトによると通常3速スプロケは110g程度だそうです。
私はハズレを送りつけられていたというわけです。

【リムテープ】
外装5段化 (10)
ついでにリムテープを量ってみると約6.3gありました。そこでこんなものを用意しました。

【ベロプラグ 20個】
外装5段化 (16)
すごい、20個でも0.1g以下なんですね。これを使えば前後で12g程度の軽量化ができます。
すみません、量り間違えていました。正しくは20個で約2.5gです。

外装5段化 (12)
まあ、使えなかったんですけどね。無駄になったぜ。

外装5段化 (13)
というわけでシャフトとスプロケットを元々使っていたホイールに移し変えたら準備完了です。

外装5段化 (14)
おもちゃのノギスで恐縮ですが、気になるエンド幅は約91mmです。

外装5段化 (7)
箱にはちゃんと85mmと書いてあります。これぞチャイナクオリティ

【CONQUISTARE + 5速化MIALOホイール】
外装5段化 (18)
結果的には3段の時より僅かですが軽量化にもなりました。
ちなみにノーマルのタイヤ+ホイールは970gもあります。
それでは取り付けます。

【切断したターンバックル】
外装5段化 (15)
フレームを少し広げないといけないので先達の知恵をお借り(丸パクリ)してターンバックルを使用します。
左右のボルトが正ねじと逆ねじになっていて、これをフレームに嵌めてクルクルまわしてエンド幅を広げます。
フレームに噛みやすいように切り口は荒れたままにしてあります。

外装5段化 (20)
フレームの内側にちょうどいい穴が開いています。
そこにこんな感じでターンバックルをセットして、エンド幅を広げている間にホイールをフレームにセットします。

外装5段化 (21)
無事に装着できました。5速化する場合純正の1.75サイズのタイヤでは干渉してしまいそうなので細いものに交換しましょう。
1.35以下だと安心だと思います。写真のタイヤは1.1サイズです。軽くておすすめですよ。

【RENAULT ULTRA LIGHT7 5速Ver.】
外装5段化 (23)
シングルから5速化へ。正直なところ見た目はシングルの時が一番好きでした。
ギアピッチは9sなんですが幸いにもSRAMの8s用シフター、シマノの6s用ディレイラーの組み合わせで問題なくシフトチェンジすることができています。
近所を走る程度では5速化の恩恵を感じることはできませんでしたが、長距離を走る時にありがたみがわかることでしょう。

デメリットは85mmと書いて91mmと読むエンド幅です。
万が一出先でパンクした場合ターンバックルが無いとホイールの着脱ができないので常に持ち歩かなくてはいけません。
日光で前輪がパンクして、タイヤを外してホイールだけでいろは坂・絶望の独りダウンヒル大会を開催した嫌な経験があるので遠出の場合は必ずパンクの備えの携行を心がけています。

以上、外装5段化でした。
大掛かりな改造は今回が最後になると思います。
今後はちまちまとやっていくことになりそうです。

つづく
関連記事

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。