【自転車】 UL7 クランク交換(純正戻し)

【久しぶりの純正クランク・チェーンリング】
純正クランク
ウルトラライト7のクランクを交換します。純正チェーンリングは47T

今までシマノの105クランク FC-5800の50-34Tを使用していました。
リアが10Tの時はいい塩梅だったのですが、9Tに変えると重たく感じることが多く、
しまなみ海道みたいな長距離(って言わないか?)を走った時もほとんど50×11Tを使っていました。

先日スプロケットを9-13-17Tに交換したこともあり、もうフロント2枚は必要ないかと思い純正に戻すことに。
便宜上「純正」と書いてますがどれも中国で流通している部品です。

【純正BB】
UL7 純正BB
自転車屋で破壊して取り外してもらったので手元に純正BBがありません。なので注文しておきました。
以前コメントで純正BBは140g位だと教えてもらったので、ウルトラライト7のBBはこいつで間違いないです。

カタログ値の570gというのは誤表記でしたね。軸長は108mmです。
塗布されていたネジロック剤は不要なので落としました。

クランクボルト (1)
ボルトが結構重くて、BBは合計で約181gです。

PB271114.jpg
約740gというのが純正のクランク周りの重さでした。

【FC-5800】
PB271125.jpg

PB271153.jpg

PB271127.jpg
今までつけていたクランクは合計で811g
ということは軽量化だと思っていた105クランクへの交換は、実際は71gの重量増だったことがわかりました。
純正に戻しただけですが軽量化になったということにします。

ロールアウト(クランク1回転で進む距離)を計算すると

 使用クランク  ギア組み合わせ 使用タイヤ タイヤ周長  ロールアウト 
 純正  47×10 14×1.75 107  約5.03m 
 105トップギア  50×914×1.2 102 約5.67m
 105ローギア  34×1514×1.2 102 約2.31m
 現状トップギア  47×914×1.35 103 約5.38m
 現状ローギア  47×1714×1.35 103 約2.85m

となります。
トップギアで走ってみるともう少し重くてもいいかなという感じがして、逆にローギアはもっと軽くしたいと感じます。
特に今までロー側のロールアウトが2.3mだったので今後坂道を上るときに若干不安があります。

以前は9-13-17Tを導入したらフロントは53Tにしようとか思ったんですけどね。
そんな重いギアは私には絶対回せないことがよくわかりました。

という訳で、シングルのままで現状よりトップ側は少し重く、ロー側は少し軽くなる(予定の)秘密兵器を導入します。
以上、クランク交換でした。
つづく
関連記事

Comments 0

Leave a reply