【自転車】 RENAULT ULTRA LIGHT7 カスタムその5 多段化 リア外装三段

P6152841.jpg
こんばんは、名状しがたい日記のようなものです。
手付かずのままだったウルトラライト7のリア多段化カスタムも今回でひとまず完了です。

【追記】後に外装5段化しました。

買ったときは改造する気なんて全く無かったUL7ですが、気付けばクランク、ハンドル周り、ホイール、サドルやスタンド、ペダル等を交換してました。今後はハンドルポスト(ステムって言う?)も交換を予定してます。
そうです、こうなるとウルトラライト7を買った意味が無いんですよね。

これだけ交換してしまうなら安く買えるFIATのAL-FDB140で良かったわけですよ。
よくカスタムベースならAL-FDB140、そのまま乗るならULTRA LIGHT7なんて言われますが本当にその通りです。
私みたいに改造したくなってしまう人はAL-FDB140を買って差額を改造費に回した方が幸せになれそうです。

さて、上の写真にあるのが外装三段に使うパーツです。
シフト用アウターケーブル、ディレイラー、シフターです。他に写真撮るの忘れましたがチェーンは9s用の物を用意しました。
これとMialo外装3段ホイールキットだけあればいいので、パーツを揃えてしまうと「たったこれだけか」という感じ。

それでは、取り付けていきます。

P6152842.jpg
使ったシフターはシマノのSL-TX30LNという安物シフターです。700円弱で買えます。
一応フリクション式(無段階)となってますが思いっきりカチカチ言います。
案の定これがネックとなってきますので交換予定。 スプロケットに問題がありました。
フロント3段用らしいですが半分も使わないので実際は6sくらいなら引けそうです。

P6152850.jpg
ワイヤー込みで110gちょうど。他のシフターは知らないけどちょっと重たいですかね。

P6152849.jpg
アウターケーブルはヨドバシカメラで600円くらいで買ったやつです。
これは必要な長さにカットして50gちょうど。

PC301400.jpg
ディレイラーは赤プーリーがポイントなシマノのRD-TZ50-GS直付用という1000円くらいで買える安物です。
AL-FDB140ではなくUL7を買ってしまった以上、パーツも黒赤です。重さは約246g
え、黒赤はガキっぽいって?…もう今さら引くに引けないのです。

で、このディレイラーはGSといってケージ(アーム)が長いタイプです。
フロント2段の時は問題なく使えていましたが、リア3段も加わるとプーリーが地面に接触するようになってしまいました。
そこで

【軽量リアディレーラー】
リアディレーラー軽量化
ケージをSSと呼ばれる位の長さまで短くして、赤プーリーにもドリルで穴を開けて軽量化したところ147.5gに。
鉄製の最下位グレードのターニーが最上位グレードのデュラエースRD-R9100-SS(平均158g )に勝利した瞬間である。
重さだけ

ボルトをチタンに変えるなど、まだ軽量化の余地は十分残っています。
お金を出して軽いものを買うも良し、自分で加工して楽しむも良し。改造は楽しいですね。

P6152853.jpg
リアホイールをフレームに取り付けます。フロントと同じく付属のボルト2本でとめるだけなので簡単です。
写真ではチェーンがついていますが気にしないで下さい。
実はすでに組んでいたものをブログ用にバラしたのでチェーン切りたくなかったんですよ。

P6152851.jpg
付属のディレイラーハンガーはホイールとフレームの間に挟んで使うタイプだったのでホイールのセンターが出ないという問題がありました。外側につけるタイプを因縁のAliExpressで注文中です。
これも赤の注文が確定してしばらくすると「ピンクか銀しか在庫が無い」と言われ「じゃあ銀で」というやり取りがありました。
在庫が無いのに注文は出来るようにしておいて後から他の色なら送れるっていうのは中国の常套手段なんでしょうか。

P6152852.jpg
届くまではこれをつけておきます。

P6152856.jpg
本来は左用のシフターですが右につけます。
私の自転車だとミラー、グリップ、ブレーキレバー、ベルを外しシフターを通したら元に戻します。

P6152857.jpg
こんな感じでハンドル下にシフトレバーが来るようにセットします。
左につけてしまうと折り畳んだときに干渉してしまうのと見た目が悪いので右にしました。
これなら乗り手の目線なら見た目は割りとスッキリしたままだと個人的には思います。
ベルがちょっと邪魔ですかね。移設しよう。
レバー押し込むとギアが軽くなります。

P6152858A.jpg
ハンガーにディレイラーをつけます。ネジ1本止めるだけです。

次にチェーンをセットします。
チェーンの長さは使うディレイラーによりますし、まして9-13-17Tのホイールセットなのにギアが9-11-15Tで送られてきた私はチェーンの長さが皆さんとは違うんです…
とりあえずUL7ならギアが10なので今ついているチェーンより4コマ長くしておけば良いはず、です。
↑すみません、これは元々ディレイラーがついている場合でした。間違いです。

調整もフリクション(じゃないけど)タイプのシフターなので矢印の2本のボルトで稼動域だけ決めてあげればOK。
仕組みは説明不要なほど簡単です。
ロー側がチェーン落ちする場合は長いボルトに交換する必要があります。私はギリギリ平気でした。

P6152859.jpg
正面から見るとシフターが野暮ったいですが

P6152862.jpg
リアブレーキに沿って結束バンドで固定して

P6152863a.jpg
矢印のところの三角形の穴に通し

P6152864.jpg
ディレイラーまで持ってきて取り回しは完了です。
アウターをカットしたらインナーケーブルを通します。

P6152865.jpg
シフターのレバーを一番手前にして、ディレイラーをトップギア(歯数9)にボルトで合わせ、ワイヤーを軽く張りながら固定すれば多段化の完成です!余ったワイヤーは適当な長さでカットします。
文面だとわかりづらくても実際にやればとても簡単です。

ペダルを回しながら変速させてみると感動ものですね。
何せ今まで降車して手でチェーンをかけ直したりドライバーでディレイラーを調整して変速させてましたからね。

ただ、シフターのカチカチとギアのピッチが合わないようで9→11に変速する時に2回カチカチと押し込むだけだとガチャガチャ言うだけで変速せず、3回だと変速するけどガチャガチャ言ったままで、1回戻すと無音になります。
11→15はカチカチ2回で変速、15→11は1カチで変速、15・11→9はレバーを全部戻せば変速といった具合です。
レバー自体も重く操作性はあまり良くないです。

さらに重くなっちゃいますがいずれダイアコンペのサムシフターに交換します。
もっと軽いフリクションシフターが見つかればいいんですが。

追記:スプロケットを交換したところすんなり変速するようになりました。

P6152868.jpg
以前の記事にフロントディレイラーの台座に関してコメントをもらったので試しに買ってみたのですがやはりUL7にはFDは取り付け不可です。
上から見るとこれだスペースがあるので普通につきそうなんですけどね。
だがしかし、市販のFDがつかなければ自分で変速機を作ればいいじゃない。
ということでうまくいくかわかりませんがフロントの変速も何とかできないか考案中です。
いつまでも更新が無かったら失敗したと思ってください。

以上、簡単にですがUL7のリア多段化でした。
関連記事

Comments 0

Leave a reply