【登山】 3月の谷川岳

DSCN2068a.jpg
とある休日出勤中の昼休み、天気図を見ると日本列島の真上に高気圧予報。
これは行くしかないということで群馬県の谷川岳に登ってきました。
去年も3月、8月、10月と雪、夏、秋の谷川岳に登っています。
なんと言っても都心からアクセスが良く、景色も最高ということで今年もまた何度か登りに来ることでしょう。



【土合駅】
DSCN1621.jpg
水上駅からバスでも良いんですが、去年の3月は結構バスが混んだのでそれ以降は土合からスタートしています。
やはり谷川岳はここから登山開始ですね。

DSCN1628.jpg

DSCN1636_20170313213541f5c.jpg
除雪はばっちりで雪の壁を歩きます。

DSCN1648.jpg
駅地下から30分くらいでベースプラザ到着。
個人的に夏や秋は西黒尾根から登るのがおすすめですが冬はロープウェイで手軽に雪山歩きです。(技量と度胸がない)

DSCN1649.jpg
チケット売り場はすごい行列でチケット買うだけで20分かかりました。
ロープウェイは往復で2060円です。

DSCN1652.jpg
天神平に到着。
ぐだぐだとアイゼンやらゲイターやら装着して出発です!

DSCN1661.jpg

DSCN1664_2017031322065278c.jpg
夏道とは違い冬道はスタート直後が一番の急登かもしれません。

DSCN1667.jpg
急坂を登り切ると谷川岳が見渡せます。

DSCN1675.jpg
いつも気になる特徴的な形の山。気になるけど名前を調べようとは思わない。

DSCN1687.jpg
雪庇の脇を通過します。

DSCN1696.jpg

DSCN1703.jpg
登山者のすぐ側には大きなクラックが見えます。
私もあそこを通りますがその前に

【熊穴沢避難小屋】
DSCN1704_201703132215440fe.jpg
クレバスに落ちた気分を味わっておきます。

DSCN1713.jpg
オジカ沢ノ頭、かっこいい

DSCN1723.jpg
遠くでモクモクしてるのは浅間山ですかね?

DSCN1728_20170313221542318.jpg
人気の山だけあってすごい行列

DSCN1742.jpg

【肩の小屋】
DSCN1755.jpg
先に山頂に行くことに

DSCN1760.jpg

DSCN1768.jpg
雪と風の造形

DSCN1776.jpg
小屋もすごい事になってますね。帰りによるので楽しみにしておきます。

【トマの耳】
DSCN1777.jpg
渋滞しながらも2時間でトマの耳に到着です。
写真はトマから見たオキの耳。

DSCN1779.jpg
こう見ると雪庇の先端の方が崩れ落ちそう

DSCN1825.jpg
写真の通りトマは混雑していたのでオキの耳へ向かいます。
途中で振り返るとトマの上に虹が見えました。

DSCN1828.jpg
去年よりすごい

DSCN3314.jpg
これが去年の写真です。
今年のほうが雪が多いですね。

DSCN1849.jpg
左奥が燧ケ岳?手前が至仏山?ダメだ全然山の形が覚えられない

DSCN1853.jpg
2000メートル以下でこの絶景。
谷川岳は雪の時期が最高ですね、次いで秋の紅葉シーズン、夏はガスだらけしか知らないので

【オキの耳】
DSCN1898.jpg
というわけでオキの耳到着。高気圧様様、ほぼ無風なので全く寒くなかったです。
オキの耳に1時間以上滞在してしまいました。

DSCN1905.jpg
オキの先にも立派な雪庇

DSCN1909_20170313225150b1d.jpg
オキ~トマ間にも近づいたらやばそうなヒビが入ってますね。

DSCN1936.jpg
左奥が日光白根山?右が武尊山?
日光白根は去年登った中でもかなりお気に入りになったので今年も絶対登りに行きたい。

DSCN1939.jpg
で、たぶん武尊山の山頂っぽいのをズーム!
登山者が見えました。左が登山者、右は山頂標識的なものでしょうか。

DSCN1944.jpg
しばらくして再度ズームすると2人組みが下山を開始しているようです。
手持ち撮影なのでなかなか狙いが定まらないです。

DSCN1950.jpg
トマに戻るときに縦にも大きなクラックが入っている事に気付きました。

DSCN1954.jpg
すっかり人も少なくなったトマの耳を1枚

【雪村さんとオキの耳】
DSCN1955.jpg
トマの耳であおいねんどろいどを持っていた方にお願いして1枚撮らせてもらいました。
ヤマノススメは登山を始めたきっかけの作品です。良ければヤマノススメの探訪ページもどうぞ
それにしても我ながら写真が下手、何を撮りたいのかよくわからん1枚になってしまった。

【肩の小屋】
DSCN1964_20170313232809dc9.jpg

DSCN1967.jpg
こんなに立派なエビの尻尾は初めて見ました。

DSCN1976.jpg
初投入のこちら、10時間経っても熱々なのには感心しました。
良いですねこれ。

DSCN1977.jpg
山専ボトルの半額でこの保温力なら必要十分だと思います。もっと早く買えばよかった。
まあ暑いくらいだったんで温かい飲み物は別に要らなかったんですけどね。

DSCN1983.jpg
パンパンランチパック

DSCN1979.jpg
トータルで2時間ほど山頂付近にいました。
名残惜しいですがロープウェイの時間もあるので下山開始

DSCN2010.jpg
今回のルートで危険だと思った唯一の場所です。
写真じゃ伝わらないんですけど左右に大きなクラックになっていて深さも3メートル近くありそうでした。
この上を歩く勇気はなかったので行きも帰りもジャンプして飛び越えました。

DSCN2022_20170313234833102.jpg
西黒尾根はヒビだらけ。でもトレースが見えます。すごい

DSCN2059.jpg
???

DSCN2072_20170313233853709.jpg
帰りはあっという間

DSCN2083.jpg

DSCN2108_201703132350544af.jpg
土合駅まで戻ってきました。
2週連続で6連勤後の雪山登山で休息日が無い状態でしたが、この絶景が見れば疲れも吹っ飛びますね。嘘です、疲れます。
でも谷川岳は本当に良い山ですね。
また来ます、終了です!
関連記事

Comments 0

Leave a reply