【登山】 北岳~間ノ岳 テント泊縦走 2日目

【間ノ岳山頂から見た富士山】
P8167535.jpg
初めてのテント泊山行2日目は北岳山荘から間ノ岳を往復してから下山です
富士山と一面に広がる雲海、そして登山者が絵になりますね

富士山は眺める山と言われるのも頷けます。個人的には登っても楽しい山ですけど
今年は一回登りましたがチャンスがあればもう一度登りたいです


P8167378.jpg
さっと準備を済ませ間ノ岳に向けて夜明け前のテント場を出発です
夏場とはいえ山の上はかなり冷え込みました

P8167396.jpg
まだ真っ暗

P8167404.jpg
雲海の中から富士山も顔を出しています
左の雲が犬に見えません?

P8167415.jpg
犬みたいな雲はすぐにドリルに変わり、空が赤くなってきました

P8167429.jpg

P8167435.jpg
雲海が広がっているのは東側だけ
西側には雲は出ないんですかね

P8167459.jpg
そしてご来光

P8167461.jpg
朝日に照らされる北岳も実に良い眺め

P8167473.jpg
途中の中白峰山に到着
一応名前はついてるけどただの通過点って感じは否めません、けど3000m越えてるんですよね

P8167479.jpg
西側には影中白峰山

P8167482.jpg
360度どこを見ても絶景しかありません

P8167502.jpg
間ノ岳方面の空にはうっすら縞模様な雲も

P8167506.jpg

P8167524.jpg
北岳を振り返る

P8167530.jpg
目的地の間ノ岳(3190m)に到着!
この標高は四捨五入して3190mってことみたいなんで厳密に言えば標高は4番目なんでしょうが、細かいことは置いといて
これで日本の標高TOP3に登頂です!って言わせておいてください

素人としては単純に標高が高いだけでも大満足、景色も最高だし本当に来てよかった

P8167534.jpg
向こうに見えるのは白峰三山の残り一つである農鳥岳

P8167544.jpg
北岳と農鳥岳の間にあるから間ノ岳
この適当なネーミング、嫌いじゃないです

P8167564.jpg
こう見ると富士山は飛び抜けて高いですね
後はテント回収して下山するのみ

P8167603.jpg
北岳山荘に戻る

P8167612.jpg
あっという間にガスに包まれる

P8167626.jpg
なんやかんや50分くらいかけて撤収し北岳山荘を出発です
地図上でのCTが短いという理由で帰りは八本歯~大樺沢のルートです
翌日は出勤ですし万が一バスに乗れなかったら大変なので

P8167649.jpg
振り返ると見事に東側だけに雲が
こういうのも平地では見られない光景ですよね

P8167662.jpg
斜面に作られた道を進み

P8167705.jpg
こんなガレ場を下りてきました
飛行機雲がずいぶん近く見えますね

P8167726.jpg

P8167741.jpg
急な階段は慎重に

P8167747.jpg
大樺沢をひたすら下ります
ここは歩きづらいですしとにかく長く感じました

P8167761.jpg
雪渓を通り過ぎ

P8167796.jpg
ようやく最後の樹林帯に突入

P8167800.jpg

P8167801.jpg

P8167811.jpg
往路で通った分岐地点まで戻ってきました、ここまで長い長い

P8167820.jpg
広河原山荘を通過して

P8167825.jpg
吊橋に到着、無事に下りてくることが出来ました
山荘からここまで約5時間、ちなみに地図のCTは4時間半弱
いままで下山はCTをオーバーすることは無かった(膝故障に苦しめられた蛭ヶ岳を除く)のでテント泊の大変さがよくわかりました

その一方で天候さえ良ければ何とでもなるかなと
とりあえず歩いてれば目的地には着きますからね

いやぁ1年経った今でも北岳は強烈な印象が残っています、本当にいい山でした
これにて北岳登山記は終了です!

【2日目】
北岳山荘(04:20)~中白峰山(05:25)~間ノ岳山頂(06:30)~中白峰山(08:00)~北岳山荘(08:30)~下山開始(09:20)~八本歯のコル(10:50)~大樺沢二俣(12:35)~広河原(14:30)
関連記事

Comments 0

Leave a reply