名状しがたい日記のようなもの

アニメ・マンガの聖地巡礼、登山など趣味の日記です

【登山】 大菩薩嶺 山頂でアイスを食べる

カテゴリ登山    

0   0

DSCN5468a.jpg
こんばんは、アイスを食べるために山に登るブログ名状しがたい日記のようなものです

登山中にアイスが食べたい!と常々思っていたので先日念願のアイス登山に行ってきました
目的はアイスを食べる事、そもそも山頂までアイスを持っていけるかの実験なのできつい山はNG

なので楽に登れそうな山梨県の大菩薩嶺(標高2,057m)を選びました
下山後に温泉に入れるのもポイント高いですね

ルート:甲斐大和駅からバス~上日川峠~大菩薩嶺~牛ノ寝通り~小菅の湯からバス~奥多摩駅

写真はクリックすると拡大表示されます

DSCN5381.jpg DSCN5384.jpg
甲斐大和駅からバスに揺られること50分程で上日川峠に到着、バスは1000円です
すでに標高1600メートル近いので1時間半もあれば山頂です

DSCN5385.jpg DSCN5400.jpg
緑が綺麗な樹林帯を20分強で福ちゃん荘
ここから唐松尾根で山頂を目指します

DSCN5412.jpg DSCN5421.jpg
樹林帯を抜けると背後には富士山を中心に大パノラマ、私のコンデジ写真じゃ伝わりませんが絶景ですよ

DSCN5443.jpg DSCN5446.jpg
写真左:雷岩に到着
写真右:ここから10分弱で山頂なのでとりあえず行っておきます

【大菩薩嶺】
DSCN5452.jpg
1時間20分でお手軽2000メートル級に到着
山頂からの眺望はゼロなので写真だけ撮ったら雷岩に戻ります

【雷岩から】
DSCN5457.jpg
景色を見ながらいよいよアイスの時間です

DSCN5463.jpg DSCN5464.jpg
開封!まあ発泡スチロールの箱にドライアイスと一緒に持ってきただけなんですが

【富士山とアイス】
DSCN5474.jpg
箱を開けるまでドキドキでしたが前日の夜9時に買ったアイスは14時間経ってもガッチガチ
むしろ硬すぎてすぐに食べられなかったのでしばらくアイスと写真撮影会してました

使用したドライアイスはスーパーによく置いてあるコイン式のパウダー状のドライアイス5時間分(300円)です
主に関東圏で展開している近所のオーケーストアというスーパーでは30分分30円でパウダードライアイスを販売しているので気軽に入手することが出来ます

発泡スチロールの箱は100円ショップで買ったやつ、だと思います
日帰り用ザックには入らなかったのでテント泊用の65リットルザックを使用しました

ネットで調べるとパウダー状はすぐ溶ける、なんて書きこみも見かけましたが試しに1時間分購入して実験したところ3時間半たっても残っているではありませんか

これはいけるだろうという予想は見事に的中
この夏は間違いなくアイス登山ブーム到来です、私の中で

※言うまでもないですがドライアイスは密閉容器に入れたり、換気のできない空間に長時間置いておくと大変危険です
アイス登山する場合、十分注意して下さい


DSCN5478.jpg DSCN5486.jpg
さて、無事に目的は達成できたのであとは適当な場所でお昼をとって下山するだけです
写真左:大菩薩峠への尾根道  
写真右:標高2000メートル地点の岩

DSCN5497.jpg DSCN5504.jpg
標高2000メートル地点

DSCN5514.jpg DSCN5517.jpg

【賽ノ河原】
DSCN5520.jpg DSCN5527.jpg
この先で昼食にしました

DSCN5534.jpg DSCN5535.jpg
汁気をとるとお腹にくるのでパスタ
というか最近はガスバーナー持っていくことが減りました

DSCN5542.jpg DSCN5544.jpg
介山荘が見えてきました
下から見上げると結構な岩場に見えます

【大菩薩峠】
DSCN5553.jpg

DSCN5555.jpg DSCN5560.jpg
介山荘の裏にある熊沢山という50メートルほどのピークを越えます

DSCN5563.jpg DSCN5568.jpg
写真右:分岐を右に行くと上日川峠へ戻ることが出来ます

DSCN5575.jpg DSCN5577.jpg

DSCN5578.jpg DSCN5582.jpg

DSCN5584.jpg DSCN5585.jpg
牛ノ寝通りへ、ここから先は登りはほぼありません

DSCN5590.jpg DSCN5593.jpg
「牛ノ寝通り」で画像検索すると広い尾根道が結構ヒットしたので、まさかこんな普通の山道だったとは

【榧ノ尾山(かやのおやま)】
DSCN5599.jpg DSCN5601.jpg
途中にある榧ノ尾山に到着、読み方がわかりませんでした

DSCN5603.jpg DSCN5604.jpg
実はまだアイスを隠し持っていたのです
この日2個目はカップアイス

DSCN5606.jpg DSCN5607.jpg
アイスを買ってから約17時間経過していますが相変わらずガッチガチに凍っています

DSCN5609.jpg
スプーンが刺さらない…
ドライアイスの残りを見るとまだ1時間以上は軽く持ちそうです
私の場合5時間分で18時間はいけるということがわかりました、日帰り登山だったらどこでもアイスもって行けそうですね
スーパーのドライアイス恐るべし

食べ終えたら似たような道をひたすら下ります

DSCN5623.jpg DSCN5626.jpg

DSCN5627.jpg DSCN5629.jpg
分岐にザックがデポしてありました
もし盗まれたらと思うと怖くて私にはできません

DSCN5645.jpg DSCN5647.jpg
木々の隙間からようやく麓の人工物が見えてきました
ズームしてみると

DSCN5648.jpg DSCN5644.jpg
ゲートボールしてますね
山ではズームに強いカメラだと向かいの山頂とかが見えるので楽しいですね
次のボーナスでニコンのP900買おうかと思ってるんですが、少し待てば後継機でもっと高倍率なのが出そうな気もして悩む

DSCN5652.jpg DSCN5653.jpg
終盤は植林地帯をジグザグに下ります

DSCN5658.jpg DSCN5661.jpg
橋を渡ったら山道は終了です

DSCN5663.jpg DSCN5669.jpg
久しぶりの舗装路にでて一安心、しばらくすると少しだけ草むらに突入します

DSCN5670.jpg DSCN5672.jpg

DSCN5673.jpg DSCN5675.jpg
血塗られた?民宿を通過したらいよいよゴールの小菅の湯

DSCN5679.jpg
登山開始から小菅の湯まで休憩含んで6時間30分の行程でした、いい運動になりました
入浴は3時間で620円です、いいお湯でしたよ

温泉でさっぱりしたら奥多摩駅行きの最終バスで帰路につきます

P6189741.jpg P6189745.jpg
奥多摩駅までは約1時間の道のり、980円
いつ見ても電車とホームの隙間が強烈ですね

P6189748.jpg P6189749_201606260053017c2.jpg
最後に登山で失ったカロリーを取り戻したら終了です!


関連記事

«【登山】 北岳~間ノ岳 テント泊縦走 1日目 | ばくおん!! 8話 「犬吠崎」 舞台探訪(聖地巡礼)»

Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rimatai.blog.fc2.com/tb.php/572-a508787b
該当の記事は見つかりませんでした。