レインウェアにピットジップを付ける(失敗編)

こんばんは、レインウェアにピットジップ(脇下のベンチレーション)をつけるブログ、名状しがたい日記のようなものです。

P2149365.jpg P2149366.jpg
素人作業丸出しな完成写真  全閉→全開



冬場も少し山に行くようになったので登山用品店にハードシェルを見に行ってきました。
そして店員から「お客さんの山行ならハードシェルは不要、レインウェアで十分」と予想通りのアドバイスを受け帰ってきました。

で、肌寒いときはアウターにレインウェアを着ているのですがやはり行動中は蒸れる、
でも何度も脱ぎ着するのも面倒なのでとりあえずピットジップをつけてみようという作戦です。

それでは、絶対に真似してはいけないレインウェア改造の始まりです。
P2139313.jpg P2139314.jpg
今回の実験台はこちら、数年前に買ったMILLET ROCHEUSE GTX RAIN JKT
脇に縫い目が無いものが手間がなくて良いですね

P2139316_201602202006555a1.jpg
【1】 ポンチ(10mm)、ハンマー、カッターマットを用意します

P2139318_201602202006551b0.jpg
【2】 カッターマットを裏に敷き、適当な場所に2箇所穴を開けます。もう後戻りできません

P2139319_201602202006545ad.jpg
【3】 ずれ防止のため定規に両面テープを貼ります

P2139321.jpg
【4】 シワを伸ばしてから開けた穴の端~端に定規を貼り付け

P2139322.jpg
【5】 カッターの刃は折ってよく切れる状態にし

P2139323.jpg
【6】 穴をつなげるように切り抜きます。ちなみに切り口は結局ボロボロでございます
通常のカッターよりロータリーカッターやハサミの方が切り口は綺麗に切れそう

P2139325.jpg
【7】 少し短かったので延長して30cm強の穴が開きました

P2139326.jpg
【8】 YKKの止水ファスナー「アクアガード」の3番を用意します
アクアガードには3番と5番があり、フロントには5番、ポケットなどには3番が使われてるのが一般的、だと勝手に思っています
この試みが上手くいったら他のレインウェアに赤い方のファスナーも取り付けるつもりです

このファスナーは完全防水では無いですが、大雨の日にバイクで使用しても浸水しなかったのでそれなりの防水性はあるでしょう
というか当時完全防水じゃないと知らなかったので雨の日でもポケットに携帯など電子機器を入れてましたからもし浸水してたら…

P2139327.jpg
【9】 ファスナーの準備をします。まずアクアガードを開けた穴より少し長めに切り

P2139328_20160220201531dea.jpg
【10】 端を少し開きます

P2139330_201602202015304ab.jpg
【11】 スライダーを差し込んで取り付けます

P2139343_20160220201529943.jpg
【12】 反対側からもスライダーを取り付けて「頭合わせ」という常態にします

P2139345.jpg
【13】 スライダーが抜けないように両端をグルグル適当に縫います

P2139346.jpg
【14】 ファスナーの準備が整いました

P2139347_20160220202023001.jpg
【15】 シームグリップを用意します

P2139350.jpg
【16】 型崩れしないようにダンボールなど厚手のものを両面テープで穴の周囲に貼り付けます←これが大失敗でした

P2139353.jpg
【17】 裏にシームグリップを塗ります。 写真は明らかに塗りすぎ
※必ず使い捨てのポリエチレン手袋などをしましょう。手につくと風呂に入っても取れず2~3日グリップ力抜群の指先になりました

P2139354.jpg
【18】 アクアガードを貼り付けます

P2139355.jpg
【19】 適当なもので圧着しこのまま24時間放置しました
クランプを外し、両面テープで貼り付けたダンボールをはがそうとしたら…

P2149356.jpg
【20】 両面テープの接着が強すぎて表地とゴアテックスメンブレンが剥離しました

P2149357.jpg
【21】 反対側もばっちり剥離、この白いのがゴアテックスです
両面テープを使ったのは大失敗でした

P2149358.jpg
【22】 もうどうでもよくなったので剥がれた隙間にシームグリップを塗ってベタベタ貼り付けます
表地に付きまくってあっちこっちテッカテカです
まあテカったら乾燥後にサンドペーパーで艶消しにすればいいんですよ(投げやり)

P2149365a.jpg
【23】 ペーパーである程度艶消しになりましたが矢印のところは表地に穴が開いてしまったのでまたシームグリップを塗りました

P2149365.jpg P2149366.jpg
【24】 というわけで最初の写真をもう一度、自作ピットジップの完成です。

P2149368.jpg
シームテープの代わりにこちらを用意してたんですが、よく考えたらシームグリップ塗りたくった時点で透湿性0ですし面倒なので今回は使いませんでした

【数日着てみての感想】
縫わずに貼り付けただけで強度とか大丈夫なの?と思うかもしれません。
ずばり通常使用でしたら全く問題ありませんでした。
それこそ壊すつもりで引っ張らない限り剥がれることは無いでしょう、それくらいしっかりくっついています。

では、洗濯したらどうなるか?
通常通り中性洗剤+ぬるま湯で手洗いし、乾燥機に放り込みテストします。

P2209370.jpg P2209371.jpg
なるほど、いい感じに剥がれてきています。
完全に失敗ですね。

素人の接着ではメーカーの超音波溶着の足元にも及ばなかった。

というわけでやる人はいないでしょうが、絶対に真似してはいけないレインウェア改造でした。
右は大失敗だったので左は普通に縫う予定です。
ミシンとミシンを扱う技術があれば楽勝なんですけどね、どちらも持ってないので手縫いでいかに綺麗に仕上げるかを頑張るつもりです。

追記
P3069381_201603061758156c3.jpg
比べると一目瞭然、左脇はやり方を変えて市販品と見紛うくらいの出来になった、と個人的に思います。
良い練習になったので次はいよいよ本番です。

終了です!
関連記事
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply